« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月21日 (日)

すばらしい世界

心の中の妄想は果てがない。
わたしたちはもともとすごく違っている。
子どもを育てているとき、
まだ社会性が出てくる前の人間は
なんて独創的でひとりずつちがっていておもしろいんだ!
思っていた。
 
表面的に社会性が出てきても
心の中は
じゆう。
それを縛るかもしれない共謀罪のことがチラッと浮かんだが、
その怒りは今の本題ではない。
 
にんげんは
大体おんなじ形をしているが、
もしも心の中と同じように
見てくれもすごく違っていたらいいのに。
 
耳の形やついている位置、
手足のあるなしや本数。
目のあるなしや個数。
頭だけの人や。
お尻がメインの人。
そう。
怪物だらけだったらいいのに。
ふたりや三人がくっついていても。
がん細胞が表面にむくむく膨れ上がっていても。
みんな普通。
私たちはそれくらい
もともと違っているのだから。
 
何が正しくて、
何が間違っているのか、
わからなければいいのに。
そして私たちは
自分と違うものを
とても愛せたらいいのに。
 
そしてわたしは
自分が人と違っていることを
普通にあいせたらいいのに。
そしてわたしは
人が私を理解しないことに
心が痛まなければいいのに。
そしてわたしは
誰かに認められなくても
自分を認められればいいのに。
そしてわたしは
奇妙な姿のまま
力を抜いて地面にたっていられたらいいのに。
 
 
放射能がいつか生まれてくる子どもをかわった姿にしてしまっても、
私たちは変わらず、
祝福し、いのちに寄り添い
うつくしい世界を味わい、生きる喜びに満ちていられたらいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »