« みなみ九州の旅 1 | トップページ

2017年4月13日 (木)

水かもしれない

国分寺に長いこと住んで、この街が好きで、東京で音楽をやってきた。
自分のことを、決めているつもりはなかったけれど、
居場所が不安定になって、
唯一所属みたいなものだったバンドもやめて、
家族は解散状態だし
わたしはどこにもつながらなくなった。
 
どこにもつながっていないから
ふらふらしているうちに
じぶんがあやふやになってきた
いままでは
こんなわたしでも、
枠の中にはいっていたんだな。とおもった、
いまは流れ出して形もない。
 
 
 
南九州の
ゆるやかなつながり。
それはもうひとつの未来を模索する明るく熱いひとたち。
 
北九州の
音楽のエキサイティングな流れに触れた。
そこはまた
何度でも訪れたい。魑魅魍魎なひとたちのあつまるところ。
 
岡山から鳥取、姫路から神戸に。
であってこれからもっと深くつながるであろう人たちがいて。
似た魂は
であうようにできてるんだな、と
確信する出来事がたくさん、あった。
 
 
ひととであい、つながりながら
自分のかたちがなくなってきている。
再形成されるのか
このまま水になるのか。
水になったら
重力にしたがって海に流れ着き
いつしか蒸発して空に上り、
わたしはめぐって
雨になりふりそそぎたい。
ふりそそぎ
木々の新芽が柔らかく開き
この雨がやんだらほら今日は
春のいちにち。
みんなが未来にのびていく。
ゆっくりのびていく。
こんな世界のなかで
あしたにむかってゆっくりのびていくんだよ。

|

« みなみ九州の旅 1 | トップページ

コメント

いつも旅をしているようですが、旅費などとか生活費はどうしているのでしょうか?
素敵な旅のお話楽しみにしています。

投稿: イチクパーク | 2017年4月16日 (日) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1916100/70248471

この記事へのトラックバック一覧です: 水かもしれない:

« みなみ九州の旅 1 | トップページ