« 穴 3 | トップページ | 穴5 »

2017年1月 8日 (日)

穴 4

大きな空洞をみつけた。
 
うす暗く湿っているが
ここちよい。
風が吹き抜けると、低い音が共鳴する。
歌を歌うときもちよくひびく。
みんな、
いってしまった。
またいつか会える旅や。
もう二度と会えない旅に。
足もとには低く
色素のない花が群生している。
白い筒状の花をつけて
立ち姿はちいさな竜のようにみえる。
 
さて。
ここにはなにもない。
 
かつて
わたしは何もないことを
謳歌していたのではなかったか。
まだなにも
決まっていない
みらい。
 
いままた、
その空洞に
かえってきたのだ!

|

« 穴 3 | トップページ | 穴5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1916100/69161561

この記事へのトラックバック一覧です: 穴 4:

« 穴 3 | トップページ | 穴5 »