« 穴 4 | トップページ | 右下がりな日々 »

2017年1月11日 (水)

穴5

  • それが過ぎ去ったあとは、
    焼け野原みたいだった。
    ぼくらは
    呆然と立ち尽くし、
    失ったものの大きさに
    圧倒されるばかりだった。
     
    どれくらいの月日が流れただろう。
    ぼくは、
    ある早春の日、
    そこにたどり着いた。
    ちいさな赤い鳥居のむこうにほらあながつづいていた。
    かたわらの
    湧き水でていねいに手を清め、
    その暗闇に入っていった。
    そこは
    すこしあたたかくしめっていて
    僕をやわらかく包み込むようだった。
     
    そうだ、
    必要なのは再生。
    失った者たちをかなしみながら、
    ぼくはきみと
    新しい命をうみだすことができる。
     
    どこかで
    鐘が鳴る。
     
    ぼくらはなんどでもくりかえす。
    喪失を。
    再生を。
    おろかな誓いを、
    今日もまた
    ちかう。
    そして、
    きみと
    希望のしげみへ。

|

« 穴 4 | トップページ | 右下がりな日々 »

ほらばなし [1]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1916100/69207584

この記事へのトラックバック一覧です: 穴5:

« 穴 4 | トップページ | 右下がりな日々 »