« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月22日 (日)

血液

母が死んで五年になる。
 
結構着道楽だった母の残した小物や服を少しずつ取り出して使っている。
今年は寒くて、
上等なウールのセーターをもってきて着ている。
あたたかいので毎日着ていたら、
左手首の辺りに硬くこびりついた汚れを見つけたので、
今朝手洗いをした。
 
汚れは黒いちいさな塊が2,3.裏側からこびりついている。
「へんなの」
と思いながら、頑固な塊をお湯でふやかしながら
もう、落ちないので爪でこすって削るように洗っていく、
その過程ではっとした。
これは、血液だ。
 
 
 
母は三十年余り透析をしていた。
透析は手首から血を抜いて、腎臓代わりの機械の中をぐるぐるめぐって
また手首に返す、
ということを、一回4.5時間週に三回、一生サボらずにしなければならない。
週に三回針を刺される手首はいくつかの血管を集合させた(のだったか?)
一本の太い血管を作り上げ、シャントと呼ばれるそれを使って、
行われる。
まだ若いころ、母は面白がってシャントの流れる音を聞かせてくれた。
母の手首の中には
ごうごう流れる大きな川があった。
 
透析が終わった後の止血は当然時間がかかり、
ゴムバンドできつく抑えて数時間たっても、
新たな血液があふれることもあった。
その、
5年前の
母の血液。
 
透析が終わったら、一緒に食事をしましょう、
と誘われて、
何度も透析室に迎えに行った。
機械がだんだん小さくなっていくのも
透析の母のお友達が
一緒に年をとっていくのも、
みてきた。
晩年透析がつらくなり先生に「私もう来ない」
というのを、
小学生のPTAのように、「すみません、そうさせてください」
といったこともあった。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
そろそろ、お湯につけた血液は解けただろうか。
おかあさん、
たいへんだったねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

右下がりな日々

 歌の世界とインプロで表現する世界が近づいて、
 同じ世界を
 別のやり方で表現しているよう。。
 う。
 やりかたも、区別がよくわからなくなっている。
 
 
 人生の後半では、
 前半で作り上げた人とのつながりを、
 すこしずつ、すこしづつ
 失う悲しみが続いていく。
 それは。
 日常をともにしていた人たちとの、距離が離れていくことだったり、
 次の世界に旅立ってしまう別れであったり。。。
 それから、
 作り上げた自分のちからが
 すこしずつこぼれていくこと、であったりする。
 
 うしなうなかで、 
 よろこびがかなしみが
 絶望が希望が
 生きることと死ぬことが。
 わかちがたく混在していることに気がついた。
 それは
 これから死ぬまでの
 新たなうつくしい世界のいりぐち。
 さて。
 それをわたしはどこまで音楽にしていけるのかしらと、
 泣きながら、ほくそ笑むような
 分裂した今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

穴5

  • それが過ぎ去ったあとは、
    焼け野原みたいだった。
    ぼくらは
    呆然と立ち尽くし、
    失ったものの大きさに
    圧倒されるばかりだった。
     
    どれくらいの月日が流れただろう。
    ぼくは、
    ある早春の日、
    そこにたどり着いた。
    ちいさな赤い鳥居のむこうにほらあながつづいていた。
    かたわらの
    湧き水でていねいに手を清め、
    その暗闇に入っていった。
    そこは
    すこしあたたかくしめっていて
    僕をやわらかく包み込むようだった。
     
    そうだ、
    必要なのは再生。
    失った者たちをかなしみながら、
    ぼくはきみと
    新しい命をうみだすことができる。
     
    どこかで
    鐘が鳴る。
     
    ぼくらはなんどでもくりかえす。
    喪失を。
    再生を。
    おろかな誓いを、
    今日もまた
    ちかう。
    そして、
    きみと
    希望のしげみへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

穴 4

大きな空洞をみつけた。
 
うす暗く湿っているが
ここちよい。
風が吹き抜けると、低い音が共鳴する。
歌を歌うときもちよくひびく。
みんな、
いってしまった。
またいつか会える旅や。
もう二度と会えない旅に。
足もとには低く
色素のない花が群生している。
白い筒状の花をつけて
立ち姿はちいさな竜のようにみえる。
 
さて。
ここにはなにもない。
 
かつて
わたしは何もないことを
謳歌していたのではなかったか。
まだなにも
決まっていない
みらい。
 
いままた、
その空洞に
かえってきたのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

穴 3

暗がりに育つ生き物の色素のない体や、

 

退化した視力、秀でた聴覚や嗅覚、にひかれる。

 

 

欠落、

 

というのは魅力的、セクシーである、とおもう。

 

 

 

光のない場所

 

視力の不必要な場所を

 

音と気配が支配する。

 

そこで、

 

やすらぐ。

 

 

 

光の欠落で音楽が

 

色彩を持ちはじめる。

 

言葉のひとつひとつが

 

深く

 

わたしの中に落ちていく。

 

リズムが

 

鼓動をあおり

 

 

 

それぞれの中に現れた

 

風景は

 

なによりもうつくしい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

穴 2

 
穴にもぐりこむとき。
 
眠いとき。
泣きたいとき。
うっとりしたいとき。
秘密をのぞくとき。
逃げるとき。
鬱をほじくるとき。
守られたいとき。
 
 
穴は
暗闇。
 
暗闇は
こわいのか?
安心なのか?
 
自由は
怖いのか?
よろこびなのか?
 
わたしは
うまれたいのか?
ここにいたいのか?
 
外はきっと
 
おそろしく
風が強い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴 1

 
ソロライブ「変容」の前はいつも
しばらく心はその世界にいることになるので、
今回は
それを書いてみることにします。
これは年末にかいたやつ。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
おおきな黒い穴が開いていて
そのふちで、暮らしている。
心踊る楽しいことや、
誰かをすきになることや、
生活に追われることが
穴を忘れさせてくれる。
が。
突然の風が
すべてを吹き飛ばしていったら、
目の前にぽっかりと
深くおちていく穴があった。
 
かつて
ヒトは
捕食の対象だった
そのまたかつては
人の命は人によってごみのように奪われ使われた。
今だって。。。
 
 
 
 
黒い穴のふちで暮らしている。
だから
あぶないのはあたりまえ。
 
今日あなたに会って
あたたかいぬくもりを与え合って
何層もの心の
どれかにでもさわれたら。
そういうひとつひとつが
ふちにある
からだの重力になる。
 
 
体は重くなり
愛のようなものがからめていく。
からまりすぎた糸はぷつんと切れて
ほどけてみれば実態は
空気のように軽く
つめたいそらにふわっとうかびあがる。
 
わたしは高みから穴を見下ろす。
かつてわたしはそこから生まれてきたのだと思い出す。
さようなら。
その暖かな黒い穴。
そのあたたかな隠れ場所。
その
わたしをとらえる
愛の源。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »