« 狂った時計(障害は可能性~その1) | トップページ | 今年最後のライブです。 »

2016年12月23日 (金)

遭遇

飲み屋に入ったら、「あ。」といわれてみると息子の同級生、
あ、カウンターの中にも、もうひとり。
ふたりは小さいころから知っている子ども達。
そして高校からバンドをはじめて今もつづけている。
ひとりは去年道端で数年ぶりに再会して、CDをくれたんだっけ。
もうひとりは、ライブより作品作りに打ち込んでいるとのこと
いかにも彼らしくうれしくなる。
 
思い出話は早々に
今の音楽の話に花が咲く。
 
小学生からみてきて、
まさか、こんな風に再会して
バンドのはなしができるなんて!
 
おかあさん、げんき?などと聞いても、
彼らと話すほうがたぶん圧倒的に面白い。
 
あのころの
彼らの、軍団が大勢で遊びに来て、
家中の食料を根こそぎ平らげていった
喜びを懐かしく思い出した。
 
同時に
本音で音楽を話し合えるようになったことが
うれしい。
こどもって、
あっという間に大人になるねえ
 

|

« 狂った時計(障害は可能性~その1) | トップページ | 今年最後のライブです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1916100/68955224

この記事へのトラックバック一覧です: 遭遇:

« 狂った時計(障害は可能性~その1) | トップページ | 今年最後のライブです。 »