« KENJI5 | トップページ | ミュウ6 »

2015年4月28日 (火)

川の多い国にうまれた、とおもう。

うちは野川の源流の近く。このあたり国分寺は湧き水がわいて野川に合流している。

ザリガニやえびをとる、ちいさなたのしい小川です。

もう少し南にいけば多摩川がある。ここらではもう、

川幅もあり、ゆったりした流れであるが、

奥多摩のほうへ行けば、つめたいすきとおった、上流の多摩川に出合える。

子供たちと何度も訪れた糸魚川の海に流れ込む姫川は、「姫」といってもたいへん獰猛で

訪れるたびに氾濫の爪あとを見てきた。

山に入ればちいさな沢が透き通った水をつぎつぎとおくりだす。

沢は時おり古くから人の手がはいり、ふもとの田んぼまで山の中をえんえんと水が引かれる。

目に見える川のほかに地下のふかくに、いくつものながれがある。

地下水脈。見えない川の流れ。

とおくの場所と、水脈でつながっている。

見えない川の流れ。

あちらから、こちらへ、運ぶ。

ん?

何を。。

|

« KENJI5 | トップページ | ミュウ6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« KENJI5 | トップページ | ミュウ6 »