« うた3 | トップページ | 年末に思う »

2014年11月27日 (木)

けんじくんのこと 7

けんじくんと別れて一年程が過ぎた。

自分の気持ちを理解するのに、どうしてこんなに時間が必要なんだろう?
わたしはあいかわらず、ときどき高い木の上で眠る。
風と一緒に高い空にまいあがったりもする。
自由を楽しめるときもあるでも、一人がさみしいときもある。
でも。
けんじくんとつきあってる。。。?つながりのあるときは、もっとさみしかった。
うう、
いつもではない、
でも、喜びのときもあった。
「おんな」のような気持ちになるのは心地よくまた、苦しい。
すべてのことがらに二面性があるのだろうか?
いつか。
いつかこのこころはときはなたれるのだろうか?
それとも永遠に
この狭間に
ただようのだろうか?
わたしはすこしだけ、強靭になれただろうか?
今日もつめたい空を見上げて、
ゆらゆら。
このあたりではいちばん高い木のてっぺんで、
おさけをのんでいます。
けんじくんのくびの後ろのやわらかい毛のことを、
ときどきおもいだしながら。。。
。。。けんじくんのこと シリーズは2013年6月に熱心に書いていました。
6は2014年1月でした。時間はすごく早くたってしまいますね。
かのじょのはなしはまだこれから、続きます。
次からは「ミュウ」という題で。
うまくかけるといいな。

|

« うた3 | トップページ | 年末に思う »

ほらばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1916100/58109807

この記事へのトラックバック一覧です: けんじくんのこと 7:

« うた3 | トップページ | 年末に思う »