« 海帰り | トップページ | 孤独の意味 »

2014年8月20日 (水)

辻のつながり

 
CD「辻」の紙ジャケットは、
山口高志君がデザイン、印刷を担当してくれて、その母の
弘子さんが、裁断、組み立てを担当してくれている。
 
私もやったことあるけど、裁断組み立ては、難しくてめんど
くさい。私がやると、かなりの確立で、没にしてしまう。
今回「辻」は、1000枚おねがいしている。
彼女はそれを、正確に職人のように手早く、そして何より
も喜んで作業してくださる。
このことにかかわれて、よかったと、言ってくれる。
 
「辻」の売り上げは「いわき放射能測定室たらちね」に
カンパされることになってるけど、できあがったCDを、
受け取りにうかががった際、いつもおじゃまして、話し
込み、たらちねのお母さんたちの話をしているうちに、
お互いの過ぎてきた母親だったの日々の話から、放射
能のこと、原爆のことなど、きりがなく、弘子さんとの
おしゃべりは、とても楽しいし、しばしば、共通の思いに
驚く。
 
彼女は亡くなった私の母と同年輩。
母の通ってきた道もまた、話の中で何度も思い出され
ます。
 
よい出会いに本当に感謝です。
 
この「辻」のCD、それから同名のライブイベントは
また新たにすてきな出会いをつれてきてくれそうな予感
がしている。
楽しみです。

|

« 海帰り | トップページ | 孤独の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辻のつながり:

« 海帰り | トップページ | 孤独の意味 »