« 貧乏は自由だ | トップページ | ガザからの報告~土井敏邦さんより »

2014年7月14日 (月)

土井敏邦さんのこと

であったのは7,8年前。出会った当時は九州にいっしょに行ったり、何度も一緒に飲んだりし

て、いろんな話をした。

土井さんはそのころ、パレスチナに何度も行って、映像を撮っていて、いくつかの映画にしてい

た。私はそこではじめて、パレスチナとイスラエルのことをすこし知る。聞いて聞いても、なかな

か歴史背景とかが頭に入らなくて。ただ、ふたつの民族の憎みあうことの悲しさや、やはりどう見

てもかなり一方的にやられているパレスチナの怒りと、人が簡単に殺されていくことの驚き。

パレスチナでは攻撃によって、たくさんの命が。イスラエルでは自爆テロによって、また命がなく

なっていく。

土井さんはやがて、パレスチナだけでなくイスラエルにも思いを写しにいく。

どれだけの人の悲しみを、土井さんはその心に受け止めてきたんだろう。

俺は人の悲しみや苦しみでめしを食ってるのか。。。と、つぶやいたことがあった。ジャーナリス

トが、そこに苦しみだしたらそれはとほうもない迷路にまよいこむだろう。

でも、土井さんの優しさは、その苦しさとともにある。

土井さんの映像はいつもとてもやさしい。

パレスチナでの、たくさんの友人や、子ども達の、死に遭遇しながら、たくさんのなみだを流しな

がら、カメラを回していたんだろう。

お酒を飲んで肉まんみたいな顔でニコニコして、酔っ払って、語り始めたらとまらなくなって、ち

ょっとめんどくさいけど。笑 でもだいすきな土井さん。

今回はいてもたってもいられなくなって、今、たった一つできること。

パレスチナの友人からのメッセージを送ってくれました。

次のブログにのせます。

どうぞ、読んでみてください。

|

« 貧乏は自由だ | トップページ | ガザからの報告~土井敏邦さんより »

コメント

7月14日東京新聞に載っていたパレスチナ女性の言葉。「私たちは今、虫けらのように殺されている。でも虫けらじゃない。平和を下さい!」

これが戦争だ…。そして平和を叫ぶことはすなわち「虫けらじゃない!」という叫びなんだ!

投稿: 転石 | 2014年7月15日 (火) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土井敏邦さんのこと:

« 貧乏は自由だ | トップページ | ガザからの報告~土井敏邦さんより »