« たらちねの母 | トップページ | 集団的自衛権 »

2014年6月26日 (木)

このところ恒例となっている国分寺ギーの映画会で見た土井敏邦さんの「沈黙を破る」という映画は、パレスチナに送られた若きイスラエル兵のドキュメンタリーだった。

20歳前後のイスラエル兵は、暖かい家族に囲まれて幸せに育った青年たち。徴兵制度に、正義感と誇りを持って、兵役に当たった。
が、その仕事は、親のような年頃のパレスチナ人を意味もなく抑圧することと、幼い子どもも、年よりも、全てのパレスチナ人をもののようにみなし、時には傷つけたり殺したりすることだった。
子どもを執拗に何発もうって、ぼろぼろの死体にしたり、家ごと爆破したり、重機で死体ごと踏みつけたり、遠くから、ゲームのように、人間を、ねらって撃ったり。
そういうことを、自分たちは笑いながらやっていた。深く考えることを、拒んでいた。そのときはそれが普通の感覚だった。
兵役が終わって日常の生活に戻っても、もうもとの自分に戻ることができない。
んな若者たちが痛みに耐えかねて、声を上げた。こんなことが、イスラエルの真実だと、知ってほしいと。イスラエル国民に向けて問いかけた。


そんな映画でした。


集団的自衛権。
争いのほうへと進もうとする力。

反対むきの風を、すこしでも吹かせたい。

|

« たらちねの母 | トップページ | 集団的自衛権 »

コメント

世界のおかあさん♪的な
願い…だね(泣)

投稿: ェム(^^) | 2014年6月26日 (木) 23時26分

「答えは風のなかに…」。おちょこの言う通りだと思う。そして、それがエクペのロックだと思う。おちょこ、今こそロックしようぜ!

投稿: 転石 | 2014年6月27日 (金) 08時47分

どちらも。

おう。

投稿: おちょこ | 2014年6月27日 (金) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« たらちねの母 | トップページ | 集団的自衛権 »